Works

empathize

僕は双子としてこの世に生を受けて今まで生きてきた中で、向き合わざるを得ないいくつかの問いに直面してきた。1つは、自分自身が双子であるということを意識する必要性があるのかどうか。また1つは、自分と顔の似た存在が知らないうちに自分として認識され、扱われている世界があることへの恐怖感とどう対峙すべきか。さらには、第三者から幾度となく見比べられるような眼差しに晒される中で、自分の「個」としてのアイデンティティをどのように確立すべきか、という問いである。果たして「他の双子たちはそれらとどのように向き合っているのだろう」。その答えの一端が掴めれば良いと思い、僕は双子に出会うための旅に出た。そして、〈双〉”というフィルターを通したその先にあるものを確かめたい、とも思った。

I have asked myself several questions over and over, since I was born about being a twin. One is whether I should feel like a twin consciously. The second is how I should confront my fear the people will mistake me for my brother. The last question is how I can establish my own identity in an environment where some people often compare me with my twin.  I wonder how other twins confront these problems. I thought I would like to find out part of the answer to these problems, so I have decided to go on a journey to research for twins. And also I thought that I would like to understand more about all human being through the filter of “twins”.